製薬業界のMR(医薬情報担当者)

外資系の製薬会社で必要なスキルを調べてみよう

外資系の製薬会社では、MRをはじめとする医薬品に関する知識や営業経験が豊富な人材が好まれる傾向が見られます。特に、薬剤師の資格を持つ人や、製薬会社での実務経験が豊富な人については、外資系に転職をした後に好条件で勤務をすることが可能です。また、経営状態の良い企業では、未経験からMRの仕事にチャレンジできる環境が整っているところも多く、若年層の求職者の間で関心が寄せられています。最近では、外資系の製薬会社に転職をするために、業務に関連する資格を取得したり、外部のセミナーや勉強会などに参加したりする人も少なくありません。なお、採用後に無理なくMRの仕事を続けるうえで、中途採用者の研修が充実している企業を優先して探してみると良いでしょう。

成果主義の企業なら若手も活躍しやすい

数ある外資系の製薬会社の中でも、成果主義の評価制度が採用されているところは、若手のMRも活躍の場が用意されており、長く同じ職場でキャリア形成をしやすくなっています。また、ポテンシャルの高い人材を求めている外資系の製薬会社では、中途採用の試験の際に営業や事務、経理など様々な実務経験だけでなく、学歴や資格の保有状況などを重視しているところも少なくありません。そうした中、将来を見据えて外資系の製薬会社に転職をしたい場合には、様々な角度から正当な評価をしてもらえるところや、MRとしての専門的な業務に取り組みやすいところを見つけることがポイントです。その他、製薬業界における若手の社員の活躍ぶりを知るために、転職説明会などのチャンスを積極的に利用することが大事です。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.