生命保険業界の営業

採用後の営業研修が充実している外資系企業もある

生命保険業界の外資系企業は、採用後の営業研修が充実しているところも多く、未経験者でも採用されやすいという特徴があります。特に、新人を対象とした集合研修だけでなく、ベテランの社員による職場内の研修がしっかりしている企業に就職することで、生命保険の勧誘の仕方や、相談の受け方など基本的なスキルをマスターすることが可能です。最近では、求職者に向けて営業研修の内容について具体的に公開している外資系企業も増えています。そこで、初めて外資系企業で生命保険の営業担当者として働くうえで、転職活動中に気になる企業の公式ホームページやパンフレットなどに目を通して、最新の教育制度についてきちんと確認することがおすすめです。

成果を上げればすぐに給料に反映される

外資系企業の生命保険の営業職の仕事を選ぶ場合には、日系の企業と比べて成果が給料に反映されやすいといったメリットがあります。また、大手企業の中には、生命保険の契約者数を増やすために、営業トークやビジネスマナーなど様々な研修を実施しているところも多く、年齢や経験にかかわらず無理なく仕事に取り組むことができます。なお、生命保険の営業の経験がない人であれば、各企業の新人社員の定着率や平均勤続年数などに注目をして、将来を見据えてキャリアアップのためのサポートがしっかりと整っている職場を見つけることが重要となります。その他、自分自身の適性や能力を活かして働くうえで、適材適所の人員配置を行っている外資系企業を就職先に選ぶことがポイントです。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.