英語力はマスト

外資系転職は英語が得意な人におすすめ

外資系企業の中途採用の試験の際には、応募者の英語力が厳しくチェックされることがあり、中でもビジネスで通用する英語力を持つ人材が有利になる傾向があります。最近では、採用後に数年で海外転勤を命じる外資系企業も少なくなく、将来的に海外の様々な国や地域で働きたい場合には、海外転勤の多い職種を選ぶことがおすすめです。また、数ある外資系企業の中でも外国人の社員の割合が大きいところに転職を希望するにあたっては、最低限の日常会話ができるように早いうちから訓練をしておくことが大切です。なお、求職者の間で人気がある外資系企業が期待する英語力について詳しく把握をするうえで、様々な業界のセミナーや就職説明会に積極的に顔を出すと良いでしょう。

外資系企業で役立つ資格を取得しよう

外資系企業の中途採用試験を受けるにあたり、なるべく人事担当者に好印象を与えるために、語学に関する資格を取得することがおすすめです。特に、公的に高く評価されている英語の資格については、書類選考や面接の際に評価がプラスされたり、採用後に資格手当が付いたりすることもあり、様々な場面で大きなメリットがあります。また、外資系企業で営業や広報などコミュニケーションスキルが求められる職種に就きたい人であれば、語学学校や通信教育などを利用して早いうちに資格取得を目標に決めると良いでしょう。その他、転職活動中に実際に外資系企業で英語を活かして働いている人の体験談を参考にして、自分の能力や経験が役立つ企業を探すことが大切です。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.