コンサル業界のコンサルタントやアナリスト

専門職の経験がある人なら転職後にすぐに仕事を任せてもらえる

外資系転職の求人には様々なものがありますが、中でもコンサル業界のコンサルタントやアナリストは、外資系に勤めたことが無い人も採用されやすい状況にあります。特に、営業やマーケティング、企画などの専門職の経験がある人は、コンサルタントやアナリストの業務が未経験であっても、採用後に重要な仕事を任せてもらえるケースも多くあります。また、専門職のスキルが高い人だけでなく、人当たりが良い人や協調性がある人もコンサル業界で好まれる傾向が見られます。そうした中、外資系企業でコンサルタントやアナリストとして活躍をするうえで、段階的なキャリアアップのための支援制度が整っているところや、昇格の基準が明確なところを勤務先に選ぶことが大事です。

転職後に様々な資格が役立つ外資系企業もある

外資系企業でコンサルタントやアナリストの仕事をしたい場合には、転職前にカウンセリングやビジネス、経済、法務など様々な分野の資格取得に励むことがおすすめです。特に、コンサルタントやアナリストの経験が全くない人は、経験者と比べて不利になることがありますが、難易度の高い資格をアピールすることで、多くの企業の担当者に好印象を持ってもらうことができます。最近では、それぞれの職種に必要な資格を持つ社員を対象に、高額な手当を用意したり、転職後の基本給をアップしたりしている企業も増えています。なお、採用試験の際に後悔をしないためにも、コンサル業界で需要が高まっている資格の種類や取得方法について早い時期から調べ始めることが大切です。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.