コミュニケーションスキル

転職に備えて世界で通用する英語力を身につけよう

外資系転職の際には、職種や勤務地などにかかわらず英語のコミュニケーションスキルが重視される傾向があり、採用試験までの間に実践的な英語力を身につけることがとても大切です。特に、海外の顧客や取引先とやり取りをする機会が多い営業職や総合職などに転職をしたい場合には、外資系企業の転職説明会やセミナーに足を運んで、社内で求められる英語力について把握をすることがおすすめです。また、中途採用の人材活用に力を入れている外資系企業の中には、採用後に様々な研修を通じてコミュニケーションスキルを学べるところも多くあります。そこで、将来的にグローバル規模で活躍の場を広げたい場合には、早いうちから転職者の受け入れ態勢が整っている企業の特徴をよく確認しておきましょう。

英語の履歴書や職務経歴書で採用担当者にアピールしよう

大手の外資系企業は、待遇の良さやキャリア形成のしやすさなどから多くの転職希望者の間で人気が高まっています。そうした中、志望企業の中途採用試験にスムーズに合格するために、英語の履歴書や職務経歴書の書き方を覚えることがおすすめです。特に、応募者が多い外資系企業の試験の際には、複数回にわたる書類選考が行われることが珍しくなく、書面を通じてそれぞれの応募者のコミュニケーションスキルを判断しようとする傾向が見られます。そこで、少しでもライバルに差をつけるにあたり、ビジネス英語を学べる英会話スクールに通ったり、社会人向けの英語の通信教材を利用したりして、英語のコミュニケーション能力を磨くことがおすすめです。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.