タイムマネジメントスキル

外資系企業に必要なタイムマネジメントスキルとは?

外資系企業に転職するというと、高い英語力や自分の意思をはっきり述べられるコミュニケーションスキルがあるかどうかに目が行きがちですが、タイムマネジメントスキルがあるかどうかも外資系企業で働く上で重要です。時間管理のテクニックであるタイムマネジメントは、1日を一つの単位として「すべきこと」の時間配分を行います。タイムマネジメントを行うことは、自分が今やるべきことを確認できるという特徴があります。スケジュールに書かれていない業務もすべて洗い出し、それらの業務に優先順位をつけるタイムマネジメントは、業務の取りこぼしを防ぎ、自分の能力に合わせてそれらの業務を時間配分できるので、計画的に仕事を進めることができます。

なぜ外資系企業にタイムマネジメントのスキルが必要なのか

外資系企業は、タフでチャレンジ精神があり自立している人材を求めることが多いですが、それ以外にも時間管理と体調管理ができる人材を求めることが多いです。なぜ外資系企業が時間管理と体調管理ができる人材を求めるかというと、外資系企業の業務の多くは、同時に多くの仕事を抱えることが多いからです。仕事を何件も進めなければならないのに、時間管理ができなくて残業が続き、体調を崩してしまうことは、外資系企業では許されません。タイムマネジメントによって自分の仕事を常に管理し、体調を整えるために早く帰れる日は早く帰るという自分を守るという姿勢が外資系企業には必要です。日本企業のように「残業が美徳である」ことは、外資系企業にはないという点に注意しましょう。

© Copyright Foreign-owned Companies. All Rights Reserved.